社会人の留学はじっくりと検討をする

  • 最近人気のオーストリア留学

    • 日本では、歴史的には明治時代から、イギリスをはじめ、アメリカへと、発展した学問を学ぶために渡航していくということがなされていました。

      その時代は、官費でいくというものが多かったです。

      自己負担が多くなってきたのは、1985年のプラザ合意以後の円高傾向の後からです。



      日本では学べないない内容のものを学びに世界の名門校に行くという目的、語学力をつけたいという目的、また、生活体験のためのワーキングホリデイという目的に大別されます。



      語学留学は短期もありますが、大体は大学入学に対しての準備で行くことが多いです。

      最近は、ワーキングホリデイを活用したオーストラリアへの留学が、多くなっています。理由としては、オーストラリアは、まずアメリカに比べれば治安がいいというのがあげられます。特に銃規制が厳しいので、近年日本人の留学生が、あいついで、痛ましい事故に巻き込まれている中で、安心して渡航先として選べるというのがあります。

      また、ワーキングホリデイで、現地での労働ができることで、日本からの仕送りがない状態でも行けるのも魅力です。また、日本の大学と違って一般教養がないので、3年間でも卒業が可能であることから、その上の課程、大学院に進む人も多いのです。

      留学した目的が達成できるのは、非常に重要です。アメリカと比べれば語学留学まで含めた5年間でかかる費用の捻出に苦しみ、途中でリタイアする人も多い傾向があります。


      目的が果たせて、次の夢につながる場所がいいですね。

      エキサイトニュースとの上手な付き合い方をお知らせします。

      そういった意味で、オーストラリアが人気なっています。